シニア犬の白内障。

アミの最近のお話は、カイカイと戦う姿でした。
飼い主も実際、カイカイから解放してあげたい!という思いが大きな割合をしめ、
早くから、目の検査もしてきたものの、意識が低かったことを反省しています。

1年半くらいまえ、ドクターにほんのちょっと
白内障の白濁があることを知らされ、ライトクリーンという目薬をさしていました。
回数は少なかったと思いますが。

昨年末(2014年)くらいから、アミの目がちょっと白くなってる?
と、思うようになりました。
でも、行動に変化はなく、私はそのままにしていました。
今年にはいって、おやつを目の前にさしだしても、
ピンポイントでパクッと出来ないアミに気がつきました。
あまり見えてない?臭覚にたよってる?
そう思ってすぐに、ホームドクターに診てもらいました。
ドクターもびっくりするくらい、症状が進んでいると言われました。
アミの目に注意を向けることを怠っていた自分に後悔の嵐でした。
そうも言ってられない。とにかく眼科専門のドクターを捜そう!そう思いました。
「どうぶつ眼科専門クリニック」。
大阪箕面市船場に昨年の10月に開院したばかり病院に目が止まりました。
院長は、アメリカ獣医眼科専門医であることや、
院長がまだ修行中の
「アメリカ獣医眼科専門医を取得するまでの
1人の獣医師の獣医人生の道のりのブログ」
も読んだことで、この病院でアミを診てもらうことを決め、予約をとりました。
b0107163_15354951.jpg
地下鉄とタクシーをつかって1時間半の道のり、アミはカートで賢くしていました。
途中、タクシーはワンコをゲージに入れていないと、
乗れないことになっているため、
運転手さんに了承してもらって乗ることが出来ました。
到着した病院は、覚えのある建物でした。
アミが1才の時、夜中に血の水のようなうんうんをしたので、
初めてのことでおろおろしてしまった私達は、
同じマンションで犬と暮らす女性に頼んで、
車で夜中1時頃、迷いながらたどり着いた北摂夜間救急動物病院。
その建物の2階にその眼科専門クリニックはありました。
完全予約制なので、すぐに診察室へ。
ここは、看護士ではなく、フォローをする人も獣医でした。
最初、女性の獣医さんに/細隙灯検査/シルマーティア検査
/フルオレス染色試験/ローズベンガル染色試験/眼圧検査/眼底検査
目の前で説明を受けながら受診が出来ました。
後半、院長先生が再度、重要な箇所を検診して説明も受けました。
アミは、いつもの病院のように、奥の部屋に連れられていなくなることはなく、
エコーも機材を部屋に運び込んで、画像を見せてもらいながら、
説明を受けられました。
最初、私達の目的は●アミの今の目の状態をキチンと知りたい
●なるべく進行を遅らせたいというかんじで、白内障手術は考えていませんでした。
ネットでみると否定的な人が多く(古い情報が多いですが)、
やや不安もあったからです。アミは元気だけれど13才ですから。

話を聞くと、進行を遅らせることはできないし、
放置している途中でも痛みをともなうこともあることを知らされ、
私の気持ちに少し変化がありました。
院長先生は13才という年齢を考慮してくれながら、
手術は出来るというスタンスでした。
もちろん、手術をうけられるかどうかは、まだ重要な検査もあるということも。
ここでは専門医の先進医療で受けられることは間違いないことは分かりました。
手術後の飼い主のフォローも大変であることも知りました。
ここで、目薬だけの処置をし続けても失明することは明らかです。
ネットでは、犬は目が見えなくても、嗅覚、聴覚でなんとかなるものです。
と、書かれていますが、本当にそうなのか
ワンコに聞いてみないと分からないことです。

アミのblogは、だいたい楽しいことだけを書いてきました。
シニアで白内障になったワンコの参考になるかと思い、
思い切って、時々経過を報告させていただくことにしました。
シニア犬で、飼い主が白内障手術をあきらめている人にも
参考にしていただきたいと思います。
アミの飼い主、私達もよく熟考し、行動したいと思います。
アミのこの後のシニア犬として過ごすには、今はどの選択がいいのか・・

応援よろしくお願いします。

会いに来てくださってありがとう。アミにぽちっとよろしく。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ


アミィも飲んでいます。愛犬の目のために、これを続けるのもいいと思います。  
by placeplus | 2015-02-08 15:47 | 白内障 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ppatelier.exblog.jp/tb/24108279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by misaemama at 2015-02-08 21:30 x
アミちゃんもママさんも頑張ってください。
応援しています。
Commented by placeplus at 2015-02-09 11:16
misaemamaさん
ありがとうございます。はい!がんばります!
いつも応援、ありがとうです。
Commented by Miki at 2015-02-21 19:05 x
ツイッターで繋がってるフォロワーさん(東京在住)のトイプー(13歳)が、アミちゃんと同じような診断を受け、来週火曜日に手術を受けることにしたそうです。明るい報告ができたらいいなと。まずはお知らせまで。
Commented by placeplus at 2015-02-21 21:57
Mikiちゃん。おっ!そういうお話が一番知りたいです。ありがとう〜。よろしくです。
Commented by Miki at 2015-02-25 20:54 x
トイプーのななちゃん(飼い主さんは、ゆりさん)の手術は無事に終わりました。見え方や術後の経過はこれからですが、食欲も有るそうです。インスタに写真とコメントをアップされてるのでお知らせしときますねー http://websta.me/n/yuri_tam
Commented by placeplus at 2015-02-26 02:22
Mikiちゃん。ありがとう。
このサイトはどうやって見たらいいのだろうべ?
フォローをしないと、見られないのですよね?フォローしたいのですが・・Mikiちゃんのフレンズでさがせるのかな?

なんだかんだ・・やってみます。
Commented by placeplus at 2015-02-26 02:29
コメント見られました。とても参考になります!
Commented by Miki at 2015-02-26 21:26 x
見られて良かった。
さきほどツイッターで話したのですが、術後の経過も良いので明日退院だそうです。ただ、それとは別に網膜変性があるので若い頃のようには見えないだろうと。名前は出さずにアミィちゃんのことも伝えたら、同じ症状のコのお役に立てれば嬉しいと、また経過を知らせてくれると言ってくれました。なにはともあれ手術は成功、私もホッとしました(^-^)

プロフィール


11月22日生まれ、ワイルド犬アミとの日々の思い出とこころに響く事とモノ。


by placeplus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プラス プリュス

オフィシャルサイト place plus シルクスクリーン作品やグラフィックデザイン
カレンダー 2年に一度のウェスティ・カレンダー

アミィが使っていました♪

ソフトエリザベスカラー。


シニアにコセクイン。

カテゴリ

全体
アミィのあの日
un journal
ペット ロス
シニア対策
犬の健康
犬の慢性腎臓病
白内障
散歩
おうち
ワンコ
おでかけ
友達
未分類

記事ランキング

最新のコメント

mayuさん コメント..
by placeplus at 23:47
アンジママさん コメン..
by placeplus at 23:43
タイトルの写真変わりまし..
by mayu at 15:18
lieさん、アミイちゃん..
by アンジママ at 08:58
スゥのお母ちゃん コメ..
by placeplus at 17:19
アミィちゃん、いつも一人..
by スゥのお母ちゃん at 17:19
江太の母さん コメント..
by placeplus at 12:29
まだまだ涙出ますよね。 ..
by 江太の母 at 18:38

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

画像一覧

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
パリいろいろ
JOJO & FIO ...
ベリーな休日

ファン

ブログジャンル

犬
アート・デザイン