<   2016年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

さよなら2016。よろしく2017。

アミィの住んだお家は、14世帯が入るマンションです。
飼い主が、このエリアに住んでほぼ30年。
20年程前、公園の真ん前のこの敷地には、
家具の工房で、2階建て?茶色の建物が建っていました。
使われていない様子をみて、「ここにマンションが建たないかなあ・・」
などと、考えた事がありました。

本当に、その思いがかなって?プランの最初からでは無かったけれど、
心身不調にハッパをかけて、建設組合に参加をしました。

2002年の9月には、全員入居し、管理組合も発足しました。
そして、最初に理事長担当になった人にエレベーターホールにアミィの写真を飾ってください。
と、すすめてもらいました。

仕事がグラフィックデザインなので、カンタンにデザインをし、プリントアウトし、、
ということを、14年間続けてきました。

最後に飾ったのは、「おやつ ください」と言っているアミィ。
b0107163_12184192.jpg
そして、クリスマスが終ってから2日間だけ、
アミィのさよならのあいさつを掲示しました。
b0107163_12190332.jpg
そして、今は、アミィの登場しない写真を掲示しています。
b0107163_12191629.jpg




さぁ、散歩いこっか・・
b0107163_12180900.jpg
エレベーター内では、ドアの隅っこでクンクンクンクン・・してたっけ・・
b0107163_12181549.jpg
b0107163_12181838.jpg
b0107163_12182094.jpg
b0107163_12182662.jpg
b0107163_12182912.jpg
b0107163_12183476.jpg
信号を渡ったら公園。
アミィ、楽勝散歩だったね^^v

さよなら2016。よろしく2017。


来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-31 18:05 | ペット ロス | Trackback | Comments(0)

実は3枚目。

アミィの足ナメは、なかなか止めるのは難しく、、
病院でもらっていたエリザベスカラーの装着を度々していました。

もっと負担にならないエリカラはないものか?
試してみたのがソフトエリカラ。
b0107163_00135637.jpg
以外にアミィ自身が着けている事を忘れている?
と、思える感じがしたので、日常的に装着させられていました^^;
b0107163_00140857.jpg
大概は、こんな風に、フランシスコザビエル状態。
b0107163_00135919.jpg
崩れまくっています・・
b0107163_00275332.jpg
最初に購入してみたのは、春だったっけ?

実は、11月くらいに着けていたエリカラは、3枚目だったのであった。
中がね、けっこうボロボロになってます^^;
b0107163_00134814.jpg
これは、保存版となりました。


来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-31 00:23 | ワンコ | Trackback | Comments(0)

アミィの小さな庭。

アミィがアミィのお家に引っ越した2002年9月には、
まだアミィの庭はありませんでした。
設計途中でベランダに緑を植えたいというお話はされてもらっていたものの、
竣工時では、ただ景色の見えるベランダでした。

アミィが、真ん前の公園の見えるこの場所が大好きでした。
気候の良い季節は、しょっちゅうベランダに出たがりました。
写真を撮ったのは、おそらく週末。
b0107163_22200937.jpg
b0107163_22200551.jpg
2003年の春頃になって、大阪市のベランダの緑化推進が行われ、
補助金が出る事にもなりました。

庭のデザインと施行を専門にする、若い方の経営する設計事務所にお願いをしました。
アミィのための芝生のスペースと、木と花を植えたスペースのあるイメージで。
b0107163_22201319.jpg
出来上がり時に、アミィの芝生の高さが「高い?」と思った記憶があります。
若いアミィには、なんのそののジャンプで平気でした。
b0107163_22202826.jpg
芝生のカットをおこたると・・
b0107163_22203569.jpg
アミィの社会見学は定番となり、成長を続けました^^
b0107163_22203873.jpg
紅葉も楽しみ、
b0107163_22204248.jpg
太っちょのアミィの甲羅干し?も、あったり・・

13才で目が悪くなった時は、ベランダに行こうとはしませんでした。。
でも、がんばってトライした手術でばっちり見える!ことを取り戻したアミィは、
元のワイルドアミィにもどり、ジャンプは数回トライして、あきらめずに上るアミィでした。


この夏頃から、アミィのその姿を見る回数が減っていました。

アミィが最後に久しぶりに、芝生の上で長居をしたのは
誕生日の明くる日、11月23日です。
b0107163_22204530.jpg
平日でした。珍しく感じたTさんが撮ってくれた写真です。
b0107163_22204935.jpg
紅葉がまだ楽しめる景色。
アミィが、ゆっくり自分の庭から景色を楽しんだのは、
これが最後となりました。

何を思っていたのだろうかなぁ・・アミィ。



ps: 随分前から、私のMacもTさんのノートブックもデスクトップはこれ。
b0107163_23481269.jpg
来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-29 23:22 | アミィのあの日 | Trackback | Comments(0)

外国人のお友達がいるワンコ

Tさんはお仕事柄、英語圏のお知り合いがいます。
アミィ家を訪問してくれた全ての方の写真は残せていないのが残念ですが、
探してみたら、、数枚ありました。

アミィが最初にお迎えした外国人は、
仏教を体験学習しているアメリカの大学生のみなさんでした。
アミィは人気者なり。
b0107163_12291830.jpg
それから、まだ若かったルーク。アミィもネ。
b0107163_12292434.jpg
それから、イギリス人のジュリー。
ジュリーはTさんが日本語教室をしていたときの、
優秀な生徒さん、なんだそうです。
アミィが、デカイ!
b0107163_01490661.jpg
で、先ほどのルーク。
結婚後、再び京都で1年間暮らしていた時に、
家族で遊びに来てくれました。
アミィのルークの奥様と見つめ合っている様子がカワイイでしょ?
b0107163_12292830.jpg

そして、この赤ちゃんは、日本人・・筋金入りの?大阪人になる予定の男の子^^
アミィは、とてもお姉さん! が出来る子でした。
b0107163_01491478.jpg
皆さん、アミィ家訪問していただいて、ありがとうございました。
写真はないけど、アミィのソファでお泊まりしてくれたパットさん、
ありがとう〜でした。


来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-29 02:04 | アミィのあの日 | Trackback | Comments(0)

起きなさい

Tさんは、早起きです。聞くと、子供の頃かららしい・・珍しい?
だから、あまり病気をしないのかもしれないな・・

飼い主は、心身ともに不調になった時期から、
夜型に拍車がかかり、ホームページを初めて作っている時など、
時間の過ぎるのも忘れ、気がついたら、外が白んでいて、、
Tさんとアミィが「まだ起きてたの??」という台詞を聞くのが
毎日だった時もあります。

いつの頃からか、アミィは私を起こしに、ほぼ同じ時間帯に、
ベッドルームにやってきて、
マイ階段でベッドに昇り(若い頃は、そのままジャンプで上っていた)、
私の顔を覗き込む毎朝でした。

普段は、デジカメでアミィを撮っていましたが、
2016年は、枕元に置いているスマートフォンでアミィを撮ったりしていました。
b0107163_10421855.jpg

b0107163_10421473.jpg
起きなさい、と言いに来たものの、飼い主が直ぐに起きないので、
いっしょに寝ちゃう事も、まま。。
b0107163_10421108.jpg
時には、マッサージを頼まれる事も、、
b0107163_10420847.jpg
待ちくたびれています。
b0107163_10420486.jpg
クーラーが効いています。
b0107163_10415940.jpg
起きる??
b0107163_10415487.jpg
早く起きなさ〜い!
せまるアミィも。
b0107163_10415077.jpg
邪魔なエリカラも何吹く風!
よいしょ、よいしょと工夫と根性で階段を使って
アミィは飼い主をめがけてきます。
b0107163_10414536.jpg
b0107163_10414092.jpg
b0107163_10413694.jpg
b0107163_10412696.jpg
b0107163_10411195.jpg

この日は、しんどい、自覚だったかもしれません・・
上れずに、足下にアミィのために敷いた布団の上で寝ています。
b0107163_10410772.jpg

そして、「起きなさいよ」の最後のシーン。写真を撮っておいてよかった・・

いったん、起こしに来て、、起きないので、諦めて、
歩きにくい布団の上を戻るアミィ。

b0107163_10410580.jpg
で、数分後戻って来て、私を見ています。
b0107163_10410252.jpg

アミィのマイ階段。
階段が得意だったアミィの、シニアでフル活用だった階段。

今もそのまま。
アミィが、上って来てるかも。。
b0107163_10405897.jpg
来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ


by placeplus | 2016-12-27 11:05 | ペット ロス | Trackback | Comments(0)

ケーキはどうだった?

最後の最後にアミィがお世話になった先生に会いに
やっと行ってきました。
b0107163_02342927.jpg
この写真は、11月30日の初診時です。初めての町だったので、アミィは外を見ていました。


最後の受診は12月9日、金曜日の夜。
仕事関係の忘年会は不参加にしてもらって、家路を急ぎ、行ったのでした。
アミィは3度目、私は5度目にお会いする先生。

やっと真から「この先生なら安心して託せる」と思えた先生。

最後の受診でも採血を丁寧に丁寧にしてくださいました。
アミィがいくつか行った病院で、
当たり前のやり方だと思っていた採血も違っていました。
人間の採血と同様に、前足の上部をゴムで止めて、
ゆっくりと丁寧に血管を探して、丁寧に針をさし、
アミィにストレスのかからないように、という配慮が見えました。

アミィの容態の変化や、最後の先生にたどり着くまでのお話は、
あらためてReportの続きとして、記録として書こうとは思っています。


アミィが逝ってしまった朝一番に、Tさんが先生に電話でお伝えし、
私があらためてお伺いする事もお伝えしていました。

少し落ち着いてから、、などと思っていると、
来年になってしまいそうだったので、クリスマスイブの今日、行ってきました。
b0107163_02343411.jpg
アミィは、あそこで外をみていたのになぁ・・って。


アミィの体の事を正確に把握しておきたい、という私の勝手な思いだけで伺ったのですが、
それも察してくださっていて(考え方は見抜かれています^^;)、
ウルウルしたり、真剣な口調になったりの私につられ、
先生もウルウルル・・・

お礼をいって病院を出て、アミィと一緒だった時と同じように
タクシーをひらって、アミィとTさんの待つ家に帰りました。

2時間も診察室に居た、あきれる飼い主です。
先生、本当にありがとうございました。
(先生は、ちょっと医学オタクで?ステキな女医さんです)

タクシーを降りて、家のすぐ側のケーキ屋に立ち寄り、
クリスマス仕様のショートケーキを3個買って帰りました。
b0107163_02343880.jpg
食後に、アミィといっしょにいただきました。

アミィ、ケーキは美味しかったでしょ?


来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ




by placeplus | 2016-12-25 02:42 | ペット ロス | Trackback | Comments(0)

写真から見えるアミィの決意

丸2ヶ月に満たないパピーのアミィは、
山形でカゴに入れられ、段ボール箱の中の暗い空間で、
飛行機のゴーゴーという音を聞き、
きっと不安で不安でたまらなかったのでは?
と、こうやって回想をしている今頃、想像してしまう。。

階段のある家での3ヶ月間のアミィは、
自由すぎて奔放すぎて、おおいに私を不安にさせていました^^;
なので、山形からの機内で味わったであろうアミィの経験は
深く考えた事がありませんでした。

今のアミィ家の建物は、2002年の8月末が竣工予定でした。
階段のある家を明け渡す為に、5月に仮の住まいに移りました。
その仮住まいは、古い3階建ての小さいビルでした。
通りも高速道路の側にあり、およそ住みたい場所ではありませんでした。
1階と2階にテナントが入り、3階に大家さんが住んで居たであろうそのフロアに
4ヶ月間住んでいました。
部屋が7つ?8つ?とんでもなく広すぎて、
廊下でのアミィのボール遊びは、走りまくって自由自在でもありました。
この3階にあがるのにも階段でした。
アミィの階段が得意な訳は、最初の3ヶ月の家と、この仮住まいにありますネ。

アミィは大阪にきて間もなく、山本君という訓練士さんにお世話になりました。
当時としてはまだ珍しいお仕事だったような・・
山本君はハンガリーで訓練のノウハウを学んだ青年でした。
どうやって彼を探し当てたのかは、まったく覚えなしな私・・
1週間に1度、来ていただいて、近くの広場や公園で訓練をする、
というカタチをとっていました。
アミィは、山本君が大好きでした。
この頃からですかね?若い男性が好きなのは?

夏に近づき引っ越しの準備などもあることも考え、
アミィを山本君に預ける事にしました。
たしか、ほぼ2ヶ月です。
アミィにとっては、住む家がコロコロ変わり、
やはり不安だったのでは?と、思います。
しかし、飼い主である私が抱える問題が多すぎて、その選択をせざるをえませんでした。
アミィはマイハウスとマイ茶わんを持って、私としばし離れて暮らしました。
1週間に1度、山本君とやって来て、公園で訓練をしました。

8月末にやっと引っ越しを終え、
アミィは9月初旬に、山本君の所からハウスと茶わんを持って帰り、
改めて私との暮らしをスタートさせました。

最初の2〜3週間のアミィの行動で胸を痛める事がありました。
散歩で公園に出た時は、公園の周りに駐車している白いバンを見かけると、
運転席にジャンプして山本君探しをしていたことです。
その後も、しばらく訓練を受けていたので、
アミィは山本君に会うと大喜びでした。

でも、アミィはちゃんとすぐに理解してくれたのだと思います。
私が不安定で頼りない事も、アミィが私の側に居てやらなきゃって、、
飼い主とワンコの立場逆転は、どうやら確実だったようです。

この写真は、2002年10月2日の夜に姉が撮ってくれたものだと思います。
11ヶ月才のアミィのスクッと立つ姿は、子供でありながら、
これからここでこの人と暮らして行く!
アミィの決意が今は見えます。
b0107163_23553717.jpg
私を見てくれていたアミィだった。
逝ってしまう瞬間だって、私とTさんの二人の手が
アミィの体をしっかり触っている時だった。

アミィ、感謝で胸が一杯だよ。。


来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-24 01:45 | ペット ロス | Trackback | Comments(0)

山茶花咲いた道

12月12日の早朝、外はまだ暗い中、アミィは逝っちゃいました。
さっきまでバクバクしていた心臓も動きを止めてしまっていました。
私は信じられない気持ちでありながら、
Tさんに夢中に叫んでいました。
「アミィがあたたかいうちに!アミィを抱っこしている写真を撮って!」
私のカメラはシャッターが分かりにくいので、Tさんは全然慣れてくれません。
でもこの時は、「シャッターはどこだ?」「ここ!」
Tさんも無我夢中で撮ってくれたのだと思います。
もう息絶えてしまったアミィを胸に抱き、
最後まで見えていたアミィの目も開いていて、
安心しきったお顔で、それはそれは愛おしくて、、

それから数時間の事は、あまり覚えていません。
ただTさんが、何も出来ずにアミィを見ている私の横で、
黙々と、丁寧にアミィの毛に櫛をとおしていました。

最後の土日は、寝たきりになっていたアミィでしたが、
それでも、シーシーをしたいときは
体をムクッと起こすポーズをし、「トイレに連れて行って」と言い、
ムカムカする時は、起き上がろうとトライして「ベランダに連れて行って」と言うアミィ。
なので、まさか数時間後に逝ってしまうなどと考えにくいことでした。

乱れた、もつれたアミィの毛。
丁寧に丁寧に櫛を通し、シッポもきれいに整え、
目も穏やかに眠っているかのように、キレイに閉じてあげて、
不器用なはずのTさんの「おくり人」として仕事は見事でした。

アミィを整えたら、今度は掃除機を黙々とかけるTさん。
アミィを寝かせる場所をキレイにしてくれました。

一息ついたTさんが「山茶花が1輪つぼみをつけてたよ」。
本当に1輪だけの莟でした。



あの朝から10日が過ぎました。

いつもアミィが居た小さな芝生には主は居ません。
b0107163_10260959.jpg
ただ毎年咲いている山茶花が、10日の間に沢山咲きました。
b0107163_10255552.jpg
サザンカ、サザンカ咲いた道。
b0107163_10261637.jpg
山茶花、山茶花、咲いた庭。

b0107163_10262123.jpg
来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ


by placeplus | 2016-12-23 11:04 | ペット ロス | Trackback | Comments(0)

それはもう運命でしょう。

アミィとの出会いは、けっこう「いきなり」な感じでした。
1年以上私が心身ともに不調だった年も終わり、
2002年の1月1日お正月。
私の様子伺いに?女友達が来てくれていました。
彼女は某大手企業にお勤めのバリバリの商社ウーマンでした。
女性で40代、課長だったと記憶しています。

とにかく仕事が早く、テキパキと働く様子が想像できる女性でした。
当時はまだインターネットで何かを検索する、などということは
一般的とは言えないくらい一部の人のすること、でした。
彼女はその一部の人、ということで
日常的に仕事場でインターネットをフル活用していたようです。

彼女が「lie、犬、飼わない?そうしなさいよ」
「飼うならどんな犬が好きなん?」

おもむろに・・考えてみる私・・
元来犬好き。洋雑誌で見かけるお気に入りのワンコは切り抜いて、
スクラッップをしたりもしていました。
それから、パリでみかけるボサボサのワンコも気になったり。
そのワンコ達の犬種を調べてみると、
長い名前の「ウェストハイランド・ホワイトテリア」でした。

彼女は、私の知らぬ間にサッサと検索をし、名古屋の葵ケンネルというサイトをみつけ、
元旦でありながらも、いきなりに電話をかけていました。
相手は、ラッキーにも出てくれました。
そして、ウェスティのブリーダーさんはお正月休みなので、
1月4日に連絡をとってみます。
というお返事をもらったのでした。

あれよあれよ〜な感じで、私ははっきり言って受け身。
でも、まだまだ元の行動的な自分に戻れていない私にとっては、
ちょうどいい感じだったのかもしれません。
サッサと話が進む事に、全然抵抗感はありませんでした。

その後のやりとりは、もちろん私自身がしました。
2001年の11月に産まれた子達がいること、
その中で、一匹だけ女の子が残っています、というメール内容で
情けない顔をしたちっちゃいワンコの写真が添付されていました。
メールで写真貼付、とやらも初めての経験だったような気もします。

情けない顔の子。なんだか惹かれました。
迷う事なくお願いしました。

そして、葵ケンネルさんから、、
山形から貨物扱いで発送されます。
1月14日2時着予定、伊丹空港の荷物カウンターで受け取ってください。
という連絡が入りました。

何日前だったのか記憶していないのですが、
フードや茶わん、ハウス、トイレ等など、用意しなければ!!
あわてて、大阪梅田、阪急百貨店の屋上階にあるペット用品売り場へ行きました。
ケージとかも買って、きっと大荷物だったと思います。
とにかく必死だった私です。

そして、迎えに行きました。
荷物カウンターがどこなのかも知らない状態で、伊丹空港へ。
案の定、探しました。
人間用?の建物とは様子が違い、地味で静かで小さい作業場のような場所でした。
「ほんとにワンコは無事くるのだろうか・・」
そんな心配をしていると、30分くらい遅れて私宛の段ボール箱が運ばれてきました。
とにかく抱えてタクシー乗り場へ急ぎ、市内に向けて空港を後にしました。
ワンコの入っている箱の上に小さい窓が開けられていましたが、
中からは何も聞こえず、本当に中にワンコがいるのかしら?などと思いながら
やや不安と期待を胸に自宅へとたどり着きました。

そして、早く出してあげればいいものを、
おもむろにデジカメで順番に撮影。
今のようにSNSにアップ、などという頃ではないので、
こんな写真を撮るのは、まあ私のような「ちょっと変な人」ということになります。
ホームページでも紹介していますし、アミィをずっと以前からご存知の方には、
「またかい?」という声が聞こえてきそうですが、
今回は元画像からblog用にサイズ設定をしました(といっても何もかわりません^^;)
b0107163_01395745.jpg
ANAですね。
b0107163_01400440.jpg
ちょっと話題にもなったことのある黄色いカゴ。
b0107163_01401191.jpg
まだ名前はついていなかった、あのアミィ。
シートの裏には「ホッカイロ」が1個。
シーシーの跡が小さく1つ。
アミィと私の出会いの瞬間は静かだったと言えます。

でもまあ、この後、皆さんご存知のウェスティにも
小悪魔時期が少しあるんですよね。
b0107163_01424214.jpg
家に来て2週間くらい。1月27日。
b0107163_01425292.jpg
b0107163_01430152.jpg
2ヶ月くらいたつと慣れたもんです。3月26日。
b0107163_01430904.jpg
4月26日のアミィはスクスクと。
階段のあるお家には、飼い主の事情で3ヶ月くらいしかアミィは住んでいません。

アミィと飼い主の日々が始まりました。
この出会いは、もう運命としか言いようがありませんね。
そしてTさんは陰で支えてくれていました。


来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-22 01:54 | ペット ロス | Trackback | Comments(2)

初七日はゆっくり

アミィの初七日は12月18日、日曜日でした。

長年、アミィの写真をデジカメで撮ってきました。
何せアミィの飼い主は、SONYのサイバーショットが初めて登場した時に購入した輩。
地味にカメラ好きです。
もちろん買った時は、まだアミィは居ない頃。
ということは普段に撮る対象が居ない、無い、感じでした。
今ほど、画像もよくないし、データは小さいし、
もの撮りをするのであれば、まだアナログカメラでした。

アミィがやってきた2002年1月。
撮る習慣が今程ないこともあり、枚数はあまりありませんが、
これからボチボチデータ探しをしようと思っています。

で、アミィの遺影。
Tさんのアミィイメージバッチリの写真が、ホームページのダイアリーにある、
というのでページを開いて見ていくと、、
「これ!」 
b0107163_23101714.jpg
2005年のダイアリーでしたので、CD-ROMをガサゴソ探し、
データを開いて行くと、2005年10月28日に撮った写真だと判明?しました。
無事、プリントアウトをし、
初七日の前日にアミィの遺影を飾ることが出来ました。
b0107163_23102987.jpg
こういう風に忙しく動いていると、わりと普通でいられます。
一件落着すると、その辺でウロウロしているはずのアミィが居ないことに思いが及び、
もうダメです、ダメです。

アミィ〜。部屋にいるよね。

来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ

by placeplus | 2016-12-19 23:10 | ペット ロス | Trackback | Comments(2)


11月22日生まれ、ワイルド犬アミとの日々の思い出とこころに響く事とモノ。2年に1度ウェスティカレンダーを作っています http://placeplus.jp


by placeplus

プロフィールを見る
画像一覧

アミィが使っていました♪

ソフトエリザベスカラー。


シニアにコセクイン。

カテゴリ

全体
アミィのあの日
un journal
ペット ロス
シニア対策
犬の健康
犬の慢性腎臓病
白内障
散歩
おうち
ワンコ
おでかけ
友達
未分類

記事ランキング

最新のコメント

スゥのお母ちゃん コメ..
by placeplus at 17:19
アミィちゃん、いつも一人..
by スゥのお母ちゃん at 17:19
江太の母さん コメント..
by placeplus at 12:29
まだまだ涙出ますよね。 ..
by 江太の母 at 18:38
pingaさん お返事..
by placeplus at 00:01
江太母さん コメント、..
by placeplus at 02:46
大事な月命日に行ってくだ..
by pinga at 00:21
この草色、すごくいいです..
by 江太の母 at 13:11

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

画像一覧

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
パリいろいろ
JOJO & FIO ...
ベリーな休日

ライフログ

タグ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

犬
アート・デザイン