アミィのカイカイヒストリーから決めたこと。

ワイルドアミィ。
子どもの頃から、時々足舐めはしていていたものの、症状として表れたことはありませんでした。
それが、シニアになってからアミィのカイカイは始まってしまい、
奮闘すること2年の月日がたちました。
ワンコの2年は大事な大事な2年。
人間のアレルギー治療の2年は「そんなものかもしれない」みたいな素人の感覚はありますが、
ワンコには長すぎる2年だと、ここにきて凄く思うようになりました。

2013年の夏頃から、頻繁に足舐めをするようになり、
痒そうなのでいつもの動物病院へ連れて行きました。
ウェスティは皮膚が弱い子が多いから・・そんな条件が先生の思考にはあるようです。
処方されるのは、一時的に痒みをおさえるステロイド、もしくは抗ヒスタミン剤くらいです。
シャンプーの回数を増やすように指示をされました。
薬はお断りをしたので、シャンプーを1ヵ月に1回洗うかどうかのアミィの飼い主でしたが、
まず1週間に1度にしました。
でも改善されず、痒い痒いとカキカキしているアミィを見ているのが可哀想で、
皮膚に詳しい病院を探し、2013年の11月に電車を乗り継いでぱんだ病院を受診しました。
「犬は痛みには強いが、痒いのは拷問ですよ」と、
「ステロイドは正しい使い方をすればいい薬です」と。(あくまでも先生のご意見)
内視鏡で見ながら、耳の大掃除?もしてもらいました。
そして、シャンプーは2日に1回するように指示されました。
処方されたシャンプー剤で洗って、流さずに10分くらい放置(タオルにくるんでリビングで)し、
お風呂場に戻って丁寧に洗い流す、ということを2014年の3月まで続けました。

その後は、サプリメントアドバイザーさんに相談し、
オメガ3-6-9とビタミンC、消化酵素を飲み始めました。
それから、シャンプーは毎日でも洗ってもいいくらいです、という意見をもらいました。
なんとか3日に1回くらいのペースで頑張りました。
病院はいつもの病院に戻りましたが、担当の先生を変えていただきました。
こちらの意見を丁寧に聞いて下さる若い先生です。
サプリメントアドバイザーさんの意見も、先生にお伝えしました。
アドバイザーさんにサプリメントを始めると、
当分は身体が変わるまで症状が悪化する(ちょっと違うと思いますが、そんなニュアンス)
と言われてましたので、アミィのハゲが進み、目の回りも毛が抜け、
悲惨な状態になってきていましたが、そのせいだと思い経過観察をするに留めていました。
ハゲがあまりにもひどいので、写真をアドバイザーさんに送って見ていただくと、
「甲状腺ホルモンと副腎皮質ホルモンの検査をして」というアドバイスが返ってきました。
早速その旨をホームドクターに伝えて検査をしました。
結果は「甲状腺ホルモン低下症」。
2014年8月から「レベンタ」を飲み始め、11月には正常値になりました。
毛も生えてきていましたが、ハゲ具合はボチボチ。相変わらず、カイカイ。

2015年1月、アミィの様子の変化から目が随分悪くなっているように感じ、病院を受診。
先生はアミィの目を検査機で見て「白内障がすすんでいます」と、
先生自身も進行の早さに驚かれていました。
飼い主、やや狼狽える・・
帰宅して夜中、動物の眼科専門を探しました。
ラッキーにも2014年10月に開院されたばかりのどうぶつ眼科専門病院を
見つけることが出来、予約を取って見ていただいたのが3月。
----眼科専門でのことはこちらで

視力が戻り、動きが活発に戻り、ワイルドアミィ復活となりましたが、
残念ながらカイカイはそのままでした。
毎日のサプリメントと、4〜5日に1度のシャンプーを丁寧に。ただひたすらその繰り返し。
オマタなめなめ、足は舐めるだけでなくガシガシ。ボディカイカイ。
お尻スリスリ、スリスリ。寝ているか掻いているか・・
そう言ってもいいくらいアミィは痒そうでした。
飼い主は、思いつくこれ以上の手だてもなく、途方に暮れる・・そんな感じに陥ってました。
実は、カレンダー制作に楽しむ反面、アミィを見ては
「なんとかしてやりたい!」と、思うばかりでした。

もうネットで検索をすることも無いし・・そう思っていましたが、
「イヤ、まだ望みはある!」
「ウェスティ アレルギー どうぶつ病院」で検索をかけました。
丁寧にチェックしていきました。まず最初に目に入ったのが、どなたかのmixiでの投稿でした。
ある病院名を知ることが出来ました。その後は、その病院に通院している、したことがある、
そういう方のblogを探して読みました。
病院のサイトは手作り満載のダサイと言えるサイトですが、
皮膚科だけの病院なので、今までの症例が所狭しと紹介されていました。
それを見てアミィの症状と比較して見ることが出来ました。

病院は関東です。通院は無理です。
でも、なんと「遠隔治療」で診てくれるシステムがありました。
問い合わせの電話を入れてから指示をもらい、アミィの今までのレポートと、
最近の血液検査結果と今現在のピンポイントアップの写真を添えて郵便で送ると、
数日後に診断名がメールで知らされました。治療方法も記載されていました。
(他の方のblogでも読んでいましたので、すぐに理解は出来ました)
電話で治療のお願いしました。
b0107163_20244277.jpg
まず、塗り薬が2タイプあるので処置しやすいように、アミィはトリミングをしました。
今回は、思いきってショートにしようと、決めていました。
飼い主は、ファンでもあるブランカの写真をblogから拝借してプリントアウトもしました。
足の長いアミィは、ブランカの可愛さには遠いですが、それなりに似合っています^^
b0107163_20235697.jpg
b0107163_20241389.jpg
11月からお薬、塗り薬開始しました。
今まで、色々な方やドクターに言われていたこととは、
相反することが多いこの先生のアドバイス。

まず「シャンプー禁止!」

えっ?驚きではあるけれど、シニアの体でそんなに頻繁に洗っていいのだろうか?
と、常々疑問のあった飼い主はうれしいような・・

飼い主は、期待をもっています。アミィも飼い主も今度こそ!の思いでいます。
アミィの経過をみて、また続きをお知らせしたいと思います。
b0107163_20313673.jpg
病院のサイトにある文章をコピペします。
「犬では食事性アレルギーは極めて稀である」
「犬のアレルギーの多くはハウスダストアトピーが占めています」
「アレルギー体質にはシヤンプーをすると膿皮症を併発する可能性がある。」

会いに来てくださってありがとう。アミィにぽちっとよろしく。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ



by placeplus | 2015-11-06 20:27 | 犬の健康 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ppatelier.exblog.jp/tb/25064867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

プロフィール


11月22日生まれ、ワイルド犬アミとの日々の思い出とこころに響く事とモノ。


by placeplus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プラス プリュス

オフィシャルサイト place plus シルクスクリーン作品やグラフィックデザイン
カレンダー 2年に一度のウェスティ・カレンダー

アミィが使っていました♪

ソフトエリザベスカラー。


シニアにコセクイン。

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ

全体
アミィのあの日
un journal
飼い主
ペット ロス
シニア対策
犬の健康
犬の慢性腎臓病
白内障
散歩
おうち
ワンコ
おでかけ
友達
未分類

記事ランキング

最新のコメント

あずきマム〜 あら〜。..
by placeplus at 20:10
Merci beauco..
by placeplus at 00:20
入選おめでとう!! す..
by coki at 18:11
bajacnaomiさん..
by placeplus at 23:23
オープン、 おめでとう..
by bajacnaomi at 00:11
> bajacnaomi..
by placeplus at 09:50
こんばんは! 可愛いで..
by bajacnaomi at 18:52
スゥの母ちゃん 久しぶ..
by placeplus at 23:01

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

画像一覧

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
パリいろいろ
JOJO & FIO ...
ベリーな休日

ファン

ブログジャンル

犬
アート・デザイン