Snowyとノエ。

アミィが逝ってしまった2016年の12月12日から、
まだ2週間しか経っていない頃の飼い主。
普通ではなかったと振り返ります。

最後の獣医さんとの約束と、アミィの看病が完璧に出来なかった後悔と、、
複雑極まりない悲しみの淵に、夜な夜な里親募集サイトをさまよっていました。
ウェスティのシニアは、幸い?ほぼ見つからず、
選り好みはしないでおこうと思いながらも、勝手の分かる♀をさがし、
なんとなく白いワンコに惹かれていました。

そして、白シュナの♀で推定8才の繁殖犬だった子に意識が固まり、
保護された日が12月12日!
名前もSnowy。
アミィがうちに来る前は、スヌーピーとTIN TINのワンコのミルが好きでした。
そのミルの英語名がSnowy。
これはもう、アミィが見つけてくれたに違いない!
そう思い込んでしまいました。もちろん私だけ。
まずは、Tさんを説得しなければ!と考え、写真をプリントアウトして
Tさんへのプレゼンテーションに向けて準備を始めました。

b0107163_01311383.jpg
写真は、保護されてから初めてのトリミングの後、病院へ行ったSnowy。

Tさんへのプレゼンテーションは、もちろん失敗。
そうこうしているうちに、Snowyはとてもイイ感じの里親さんが現れ、
どう考えても、Snowyはそこに決まって良かったと、私も安堵したのでした。
b0107163_01320037.jpg
今現在のSnowy。

そして、年が明けて2017年。
1月10日くらいだったか・・
仕事場で保護犬カフェのblogをチェックしてみたら、
東京の里親募集のイベントで里親さんの見つからなかった子達が、
狭いゲージに入れられ、大阪に向かっている写真を発見。
その中にウェスティがいたのです。
仕事を早めに終えて、寺田町カフェまでタクシーを飛ばしました。
その子の名前は「ノエ」、誕生日が12月23日だったと記憶しています。
クリスマスイブイブだから、ノエルのノエ?

保護犬カフェに行くのは初めてで、スタッフさんがお一人いらっしゃり、
事情を説明しました。
自分のワンコが亡くなってから未だ1ヶ月しかたっていないこと、
夫には内緒で来ていること、引き取れるかどうかわからないこと、など。
それも承知してもらって、ノエに会わせてもらいました。
まだ前日に到着したばかりで、カフェではなく2階のゲージにいるということで、
2階に上がらせていただき、ノエに会いました。
b0107163_01310035.jpg
b0107163_01310495.jpg
繁殖犬だったノエは、悲しい目をしていました。
それでも私に近寄ってきて、甘える素振りにウルウルでした。
b0107163_01310854.jpg
ゲージから私を見つめるノエ・・
連れて帰りたいけれど・・
でも、安易に迎えに来るとも約束出来ませんでした。

気持ちを殺して帰宅しました。
Tさんへも話せませんでした。

週末、土曜日にもう一度会いに行こう!
Tさんには、ちょっと仕事に行くと言って外に出ました。
200mくらい歩いてから、保護犬カフェに電話をしました。
「ノエに会えますか?」
「ノエは、里親さんが決まって、今さっき引き取られていきました」というお返事でした。
私は「・・」 何だか分からない気持ちで涙が溢れました。
決まって良かったと思う気持ちはあるのに、なぜかウルウル・・
もう、外出する理由も無く家に引き返しました。
そして、アミィの仏壇の前で泣き崩れた私でした。

Tさんに訳を話し、話しながらコレで良かったのだと思いました。
私は、やはり自分を失っていました。

それからしばらくしてから、どなたかのアメブロにコメント入れたいだけの理由で
アメブロを開設しました。
White Stoneという名前の、一つだけの投稿をして放置していました。
White Stone

またしばらくしてから、そのアメブロをチェックしてみたら、
何とコメントがありました。ビックリです。
コメントがあるだけでもビックリなのに、内容に超のつくビックリでした。
なんと、ノエの里親さんからのコメントでした!
b0107163_01345918.jpg

そして、なんとノエは「凜」という名前になって凜のblogも開設されていました。
私とのことも書いてくださっていました。
凜のblog

私がアミィの飼い主であるということも、
お会いしたことは無いけれど、lieさんを知っています、とも。
そして、私がアミィと暮らし始めて間もない頃から知っている、
あのテッちゃんとハナの飼い主さんの親友さんでした。
ウェス馬鹿勢揃い組^^;

ノエ、基、凜は間違いなく自分で里親さんを決めたに違いありません。
凜は、保護されて1年。
私が会ったあの悲しい目のワンコではありません。
凜のblog

Blogを通して凜を見つめることが出来ます。

どの飼い主さんもワンコを亡くして悲しくて寂しくて、
やはりワンコの居ない生活は考えられないが普通でしょうね。
私と同じように夜な夜な里親募集サイトを見てた、というお友達の経験も後に聞きました。
私とTさんのようにシニアの夫婦では、パピーから暮らし始めるのは難しい事となります。
少なくとも17年くらいは元気でいないとダメなのです。

私とTさんは、今のところ共有出来るアミィの思い出と暮らしています。
未だに、そこに居たのに・・と思うと涙が滲み胸もキュンと痛くなります。
2年半前に起こった私の腰の痛みと足の具合も良くありません。
まずは、自分が元気にならないと始まらないな、って思っています。
飼い主が元気で居ないとワンコが大変ですから^^
b0107163_01345654.jpg
b0107163_02015695.jpg
今現在の凜^^




来てくださってありがとう。
にほんブログ村 犬ブログ ウエスティへ


by placeplus | 2018-01-20 01:37 | un journal | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ppatelier.exblog.jp/tb/28017259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

プロフィール


11月22日生まれ、ワイルド犬アミとの日々の思い出とこころに響く事とモノ。


by placeplus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プラス プリュス

オフィシャルサイト place plus シルクスクリーン作品やグラフィックデザイン
カレンダー 2年に一度のウェスティ・カレンダー

アミィが使っていました♪

ソフトエリザベスカラー。


シニアにコセクイン。

PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ

全体
アミィのあの日
un journal
飼い主
ペット ロス
シニア対策
犬の健康
犬の慢性腎臓病
白内障
散歩
おうち
ワンコ
おでかけ
友達
未分類

記事ランキング

最新のコメント

あずきマム〜 あら〜。..
by placeplus at 20:10
Merci beauco..
by placeplus at 00:20
入選おめでとう!! す..
by coki at 18:11
bajacnaomiさん..
by placeplus at 23:23
オープン、 おめでとう..
by bajacnaomi at 00:11
> bajacnaomi..
by placeplus at 09:50
こんばんは! 可愛いで..
by bajacnaomi at 18:52
スゥの母ちゃん 久しぶ..
by placeplus at 23:01

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

画像一覧

フォロー中のブログ

パリときどきバブー  f...
パリいろいろ
JOJO & FIO ...
ベリーな休日

ファン

ブログジャンル

犬
アート・デザイン